【石丸奈菜美】映画出演

映画「止められるか、俺たちを」

2018年秋公開予定

脚本:井上淳一

監督:白石和彌


「止められるか、俺たちを」公式ページ

■タイトル 止められるか、俺たちを ■監督 白石和彌 ■出演 門脇麦 井浦新 ほか  ■脚本 井上淳一 ■製作 若松プロダクション スコーレ ハイクロスシネマトグラフィ ■配給 若松プロダクション スコーレ ■宣伝 太秦 ■門脇麦コメント 私は若松監督にも、もちろん当時の若松組の皆さんともお会いしたことがありません。 そんな中、白石監督を初め、若松組をよく知る皆さんの下、当時の皆さんの背中をひたすら必死に追い求めながら挑んだ作品です。 スクリーンの中の彼らは青春を生きる若者の姿そのもので、とにかく輝いていて、胸があつくなりました。 私はこの先何度も彼らに会いたくなって、この映画を観るんだろうなと思います。 この出会いは私の一生の財産です。 ■井浦新コメント 若松プロに集結した親しい顔ぶれ、真新しい風を吹かせた若者たちと、むちゃくちゃで幸せな夢をみた。ただただ感謝しかありません。 ■白石和彌コメント まさかの若松プロを舞台とした青春映画を恐れ多くも監督しました。 この映画は僕にとっての英雄譚であり、僕自身の物語でもありました。 井浦新さんが若松孝二だとカッコよすぎる、と思ったあなた、是非見てください。 俳優って、新さんて、凄いなと思うはずです。 そして門脇麦さん。もう言うことありません。麦さんを通して、この映画があなた自身の物語になることを切に願っています。 あの時代に強い衝動で社会と観客に刃を突きつけていた若松監督の映画作りは、映画を作っている僕たちだけでなく、現在の社会が失ってしまったモノが何かを知るヒントになると思いました。 若松プロの面々は超個性派が集まりました。 山本浩司さんはずっと仕事をしたい俳優の一人でした。『断食芸人』に主演した経験を存分に生かして足立正生を演じてくれました。若松作品を支えた大西信満さん、岡部尚さん、タモト清嵐さんに若松プロの中核メンバーを演じて貰えたのも嬉しかったです。レンセキに出て若松孝二を知る俳優たちがしっかりと若松プロの雰囲気と70年代の空気を作ってくれました。これは若松監督の遺産です。 若松プロ新メンバーとして、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作が参加して、物語に新しい波を起こしています。彼らの存在が群像劇として、青春映画として、この映画を一際際立ててくれました。

www.tomeore.com