吉田恵里香 <ERIKA YOSHIDA>(脚本家・小説家)

本名:同じ 生年月日:1987年11月21日 出身地:神奈川県

特技:絵を描く事  趣味:映画鑑賞・電車の中での読書

資格:教員免許(国語)

日本大学芸術学部文芸学科卒業


【映画】

2015年 映画「脳漿炸裂ガール」(原作・脚本)

2015年 映画「ヒロイン失格」(脚本)

2017年 映画「恋と嘘」(脚本)

2017年 映画「リベンジgirl」(原作・脚本監修)


【構成】

2009年 NHKEテレ「シャキーン!」

2012年 TBS「ダジャレん坊将軍!」

2014年 ABUアジア子供ドラマシリーズ2014


【ドラマ脚本】

2011年 日本テレビ「妖怪人間ベム」プロット協力

2011年 松任谷由美「ひとつの恋が終るとき」スペシャルPV

2012年 TBS「MONSTERS」脚本協力

2013年 日本テレビ「恋するイヴ」

2014年 短編WEBドラマ「ジュンコとリサリサ」


【アニメ脚本】

2011年 TVアニメ「TIGER&BUNNY」15・23話共同脚本

2014年 BSプレミアム「おとうさんといっしょ」アニメ「銀河特急イチジョウマン7」シーズン1

2015年 BSプレミアム「おとうさんといっしょ」アニメ「銀河特急イチジョウマン7」シーズン2

2015年 日本テレビ他「ルパン三世」


【小説】

2012年 携帯小説「アキオと歯型」

2012年 ノベライズ「実験刑事トトリ」

2013年 「脳漿炸裂ガール」

2014年 「脳漿炸裂ガール ~どうでもいいけど、マカロン食べたい~」」

2014年 「僕とあいつの関ヶ原」

2014年 WEB小説「ハッピークラン・ベリー」」

2014年 「脳漿炸裂ガール ~だいたい猪突猛進で~」

2014年 「俺とおまえの夏の陣」

2014年 「脳漿炸裂ガール~チャンス掴めるのは君次第だぜ~」」

2015年 「脳漿炸裂ガール~さぁ○○のように踊りましょう~」

2015年 にじゅうよんのひとみ」

2015年 小説「脳漿炸裂ガール ~私は脳漿炸裂ガール~」

2015年 Webマガジン「キノノキ」

2015年 コミック「地獄型人間動物園~第二章~ 一触即発☆禅ガール」

2015年 月刊ジェイ・ノベル 2015年3月号(実業之日本社)エッセイ執筆


【漫画脚本】

2011年 ミラクルジャンプにて「TIGER&BUNNY THE COMIC」

連載中(単行本四巻まで発売)

2013年 COMI@LOIDにて「一触即発☆禅ガール」(単行本全一巻発売)

2015年 ヒバナにて「ふぇすちばる」連載中

2015年 ヤングエースにて「脳漿炸裂ガール」連載中


【舞台脚本】

2006年 ラゾーナ川崎プラザソルOPEN記念10団体合同公演

2007年 シアターセラピー脚本協力 制作:ドリマックステレビビジョン

2014年 僕らの図書室3「アラケンの白雪姫」

2014年 銀河劇場ジュージェネレーションシリーズ 朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』 (原作・脚本)

2015年 銀河劇場ニュージェネレーションシリーズ 

朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』(再演)・『俺とおまえの夏の陣』


【ゲーム脚本】

2011年 GREE『横浜ご近所boys』

2013年 PSP『TIGER&BUNNY~HERO’SDAY~』


【ラジオドラマ】

2007年 TOYO TIRES ターンパイク タイアップ「Tips Town [HAPPY DRIVE! HAPPY LIFE!] 」脚本

《FM yokohama 2007年9月17日OA》

2007年 YOKOHAMA Santa-Land SPECIAL~YOKOHAMA Chiristmas Stories~

ラジオドラマ 全3話 脚本 《FM yokohama 2007年12月24日OA》

2008年 Tips Town × 平井堅 『青春キャンバス』発売特別企画

2008年 ラジオドラマ 脚本 《FM yokohama 2008年3月14日OA》

2008年 動画付きラジオドラマ『会議は踊らない?(仮)』 脚本協力(制作:NHKエンタープライズ)

2015年 FMヨコハマ連続ラジオドラマ~たもつん~

2016年 FMヨコハマ連続ラジオドラマ ~ 河童田と天狗寺 ~


【作詞】

2013年 るフェア内ユニット 御曹司『恋のMINAMOTO』


【その他】

2017年 『シアターカルチャーマガジン T.[ティー.] No.36』「脚本家の大事な一冊」

2017年 第16回江古田文学賞 選考委員

2017年 FMヨコハマ「ためになるラジオ」 ゲスト出演

2017年 『江古田文学 第96号』 江古田文学賞最終選考会での座談会掲載